張り替えのあれこれ

  • TOP
  • 障子の張替えに最適な天気について

障子の張替えに最適な天気について

障子の張り替えをお忘れではありませんか?

古くは平安時代より使用されてきた障子ですが、それは現代でも広く利用されています。伝統的な建具の障子ですが、直射日光を和らげる・断熱性が高い・照明効率を上げる・空調効果があるなど、現代の住宅でも通用する多くのメリットがあります。
しかし、それらの機能も障子紙が破れてしまったり、汚れてしまったりしますと発揮されません。そのため、時には障子紙の張り替えが必要になるのです。もしも、何年も使用している障子がありましたら、一度障子の張り替えをお試しになってみてはいかがでしょうか。

張り替えに適した天気とは?

障子はDIYで張り替える事も可能です。専用の道具もほとんど必要ありませんし、現在はアイロンや両面テープで張り替えられる障子紙もありますので、障子をDIYで張り替えることは容易になってきました。
DIYの利点として、施工業者に依頼するより安価で張り替えできるという点が挙げられます。また、自分の好きなタイミングで張り替えできるという点も挙げられます。しかしその「張り替えのタイミング」ですが、実は張り替えに適したタイミングがあることをご存知でしょうか。
それは、雨の日です。雨の日は湿度が高くなりますが、その湿気は新しい障子紙にも吸収されます。そうしますと、障子紙が少しだけ伸びます。その状態で張り替えることによって、晴れて湿度が低くなりますと、障子紙が収縮してピンと張るのです。雨の日を待つ代わりに、霧吹きで障子紙を軽く湿らせるという方法もあります。

障子紙の種類も選びましょう

障子をDIYで張り替える際は、障子紙の選択もよく考えると良いでしょう。前述のような、アイロンや両面テープで張り替えるタイプはDIYでも比較的容易に張り替えが可能です。また、今ではプラスチック障子紙も人気です。プラスチック障子紙は障子紙の両面にプラスチックを貼り合わせた構造で、破れに強く、汚れても容易に拭き取ることができる人気の商品です。ただし、水に強い分湿度を利用した張り替え方法は難しいでしょう。
伝統的な障子もバリエーションが豊かになりましたが、その張り替えを経験したことが無いという方は多いでしょう。無理なDIYは障子紙にシワが寄ってしまうかもしれませんし、思わぬ怪我に繋がってしまうかもしれません。自信が無い方は、張り替え業者に依頼するのが一番でしょう。費用は掛かりますが、皆様に代わって綺麗に張り替えてくれることでしょう。

張り替え業者おすすめナビ一押し

おすすめ張り替え110番

張り替え110番

サイト名 張り替え110番
URL http://sweethomefloripa.com/
TEL 0120-949-501
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ