張り替えのあれこれ

  • TOP
  • 畳にカビを生やさないために気をつけておきたいポイント

畳にカビを生やさないために気をつけておきたいポイント

畳の状態は大丈夫ですか?

住宅の洋風化が進んだ現代でも、畳をご利用されているご家庭は多いかと思います。ただし、畳のお手入れの方法にはご注意ください。特に難しいというわけではありませんが、フローリングと比較しますといくつかの注意点があります。それを守らなければ、畳は短期間で劣化し、傷んでしまうおそれがあります。
中でも要注意なのが、カビの発生です。高温多湿の環境になる日本では、そのような環境を好むカビが繁殖しやすいのです。畳には調湿機能もありますが、過度な湿気はカビの発生を招いてしまいます。カビはアレルギーやダニの発生なども引き起こしますので、畳を敷いている方はカビの発生にご注意ください。

カビを生やさないためにできること

それでは、畳からカビが生えないようにするにはどうすればいいのでしょうか。具体的には、以下のことに気をつけると良いでしょう。

・畳干しする
畳を干すことによって、余分な湿気を追い出します。少なくとも年に一度は干しておきましょう。
可能なら天日干しするのが一番ですが、それが難しい場合は畳のお部屋の窓を開け、畳の下に物を挟み、風通しを良くするだけでも効果的です。

・カーペットを敷かない
ご家庭によっては、畳の保護のためにとカーペットを敷いていることがあります。しかし、カーペットが畳の通気性を妨げ、カビが発生しやすくなってしまいます。冬の間など、一時的に使用する場合を除いて、基本的には何も敷かないようにしましょう。

・カビが発生しない畳に張替える
通常、畳の表面を覆う畳表にはイ草が使用されます。しかし中には特殊な加工が施されたものや、樹脂を用いた畳表もあります。そのような畳表は汚れや湿気などに強く、お手入れも容易になっています。興味をお持ちの方は、畳の表替えを依頼するのも良いでしょう。

もしもカビが生えてしまったら

しかし、どれだけ対策しても畳にカビが生えることはあります。畳の価格も安くはないので、畳を張替える前にカビの除去を試してみるのが良いでしょう。

・乾拭き
カビが少ない場合は、掃除機でカビを吸い取り、畳目に沿って乾拭きをするようにしましょう。その際、畳の胞子が舞わないように換気しながら行います。

・アルコール消毒
消毒用のアルコールを布に染み込ませてカビを拭き取ります。そして、硬く絞った布で水拭きし、しっかりと乾燥させます。湿気が逆にカビの繁殖を促すことがありますので、乾燥は欠かせません。また、アルコールの代わりに酢を使用する方法もあります。

・畳の表替え
カビ大量に発生している場合には、畳の表替えをするのが良いでしょう。畳表を丸ごと新しくしますので、カビの除去はもちろん畳表の良い効果が復活します。新調するよりも畳の価格が安く済みます。

現代の気密性の高い住宅では、畳にカビが発生しやすいと言われています。しかし、日々のお手入れをしっかり行い、換気やカビの除去に努めていれば、大量に発生することを防ぐことが期待できます。畳を短期間でダメにしてしまわないように、正しいお手入れを心がけましょう。

張り替え業者おすすめナビ一押し

おすすめ張り替え110番

張り替え110番

サイト名 張り替え110番
URL http://sweethomefloripa.com/
TEL 0120-949-501
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

張り替えのあれこれ

ページの先頭へ