張り替えのあれこれ

  • TOP
  • 畳の交換時期の見極め方

畳の交換時期の見極め方

畳の寿命が来たら「畳交換」を

昨今では畳を用いた和室は少なくなり、フローリングなど洋室での暮らしがが私たち日本人の生活においても中心となってきています。そうはいっても和室が一室のみあるという住宅環境にお住まいの方が多いのではないでしょうか。和室の減少とともに畳に触れることが少ないと、昔当たり前だった知識もなかなか頭に入りずらいものです。畳にも寿命があります。畳に使われているイ草は、若葉のようにきれいなグリーンから、時間が経つにつれ黄色に褪せていきます。長ければ10年程度で新しいものと交換しなくてはいけないようですが、管理の仕方によっては早まってしまうのです。畳そのものを新しく交換する必要がありますこれがもっとも費用が掛かります。畳の「張り替え」という言葉を聞いたことがありますか。「新畳」は最後の手段。それ以前の段階では決まった時期に「張り替え」を行うことで畳の寿命がいたずらに短くなりません。

色が変わってきたら「裏返し」を

畳交換に目安はあるのでしょうか。畳は、紙が少しずつ黄色っぽくなっていくのと同じように時間の経過とともに色褪せて褐色に変化していきます。一年を超えるとだいぶ色が変わったなぁ、感触もよくないなぁという感想を持たれるかもしれません。こういったときに「裏返し」を行います。3年~5年で「裏返し」を行うことが多いようです。畳そのものひっくり返すわけではありません。畳床から畳表を剥がして、この裏表をひっくり返すことを言います。畳表は両面使うことができるのです。色褪せがみられたらまず、「裏返し」を行うことで新品に新品のように蘇らせることができるようです。ただし、長年使用した畳では、この方法が使えない可能性もあるようです。畳表の裏面まで色焼けしてしまわないうちに、「裏返し」を検討するのがよさそうですね。

「表替え」と「へり」の交換で畳をリフレッシュ

一度、「裏返し」を行ったことがある畳は、「表替え」を行います。また、一度も「裏返し」を行ったことがない場合でも、10年ほどが平均的な畳の寿命だと考えると、5年前後の経年であれば、「表替え」がいいかもしれません。「表替え」とはイ草でできている畳表が張り付けてある土台のことを畳床といいます。「表替え」では、畳床は交換しません。イ草でできている畳表を新しく交換することを意味します。土台となっている畳床は踏み心地に影響しているため、その改善はできないことを念頭に行う必要があるでしょう。踏んだ時にへこむような感覚がある場合は、畳交換の時期と見た方がいいようです。畳を新しいものに交換する際は、お部屋のイメージががらっと変えるチャンスでもあります。畳のふちにあるを「へり」の部分の柄は様々なのものがあります。また、「へり」そのものがない畳もあります。畳交換の際には、デザイン選びも楽しめそうですね。

張り替え業者おすすめナビ一押し

おすすめ張り替え110番

張り替え110番

サイト名 張り替え110番
URL http://sweethomefloripa.com/
TEL 0120-949-501
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

張り替えのあれこれ

ページの先頭へ