張り替えのあれこれ

  • TOP
  • 張替えの難しいふすまの種類について

張替えの難しいふすまの種類について

生活様式の変化

生活様式の多様化に伴い、洋室を選ばれる方が増えているものの、日本の風土に適した和室には特別な趣があります。その和室と切っても切れない関係にあるのが、ふすまです。ふすまは、古くは平安時代の末期に描かれた源氏物語絵巻にも出てくるほど、日本人にはなじみの深い存在です。ふすまはもともと、衝立に絹製の布を張り使われていたと言われており、その構造は現在にいたるまで大きくは変わりません。

趣のあるふすま

ご自宅に和室がある方にとって、ふすまの張替えは頭の痛い問題です。ホームセンターなどに行くと、張替えのセットが売られている場合もありますが、ふすま紙を貼る際の加減や、空気が入らないように注意をすることや必要があるなど、家庭ではなかなか難しいものがあります。個人の張替えで難しいと思われるものに、伝統的な型のふすまである、源氏ふすまがあります。源氏ふすまは暗い奥座敷に光を取り入れるため、障子窓が配置されています。大きさや格子の作り方で、中抜きふすま・御殿ふすま・長崎ふすまと呼ばれているものもありますが、このタイプのものは、中の枠やガラス、障子を外す必要が出てくる可能性もあるため、張り替え作業に手間がかかることが予想されます。手間はかかるものの、匠のデザインを楽しむことができ、お部屋のグレードにも合わせた趣を出すことも可能なので、重厚感のある仏壇のあるお部屋などに利用される方もいるようです

現在の住宅に多い戸ふすま

また、和室と洋室の両方が存在する家が増えていることもあり、そんな中で使用されることが多いのが、戸ふすまです。戸ふすまは和室と洋室を仕切るために使われることが多く、素材は洋室面ではベニヤの上に合板のものかクロスを張り、和室面ではふすま紙をベニヤの上に貼り、ふすま縁を貼ることでふすまのように見えるようにして使用します。戸ふすまは、ふすま紙を貼るときに、縁を取り外すことなく、貼りつけることができるので、手間はより少ないでしょう。
ふすまによって張替えの作業の工程も異なりますので、和室を作ることを検討されるときには、空間のイメージにあったものや、種類、張替え時の手間、手入れなども考慮に入れたいですね。

張り替え業者おすすめナビ一押し

おすすめ張り替え110番

張り替え110番

サイト名 張り替え110番
URL http://sweethomefloripa.com/
TEL 0120-949-501
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

張り替えのあれこれ

ページの先頭へ