張り替えのあれこれ

  • TOP
  • 琉球畳のメリット・デメリットをご紹介

琉球畳のメリット・デメリットをご紹介

琉球畳とは?

イ草を使用し、主に機械で作られている一般的な種類の畳と琉球畳は一体何が違うのでしょうか。琉球畳はカヤツリグサ科の七島イという植物が使われています。
この七島イは柔道の畳の材料としても使われてきたほど丈夫なものです。また湿度の調整、防臭効果も兼ね備えており、沖縄を中心に作られています。また機械ではなく手作りというのも大きな特徴の一つです。
琉球畳というと0.5畳の正方形のものを想像される方がいらっしゃるかもしれませんが、今では1畳タイプの大きさものも登場しているそうです。

琉球畳のメリット

琉球畳のメリットは様々なデザインの住宅に合わせることが出来るということです。例えば、洋室に琉球畳を設置することで、現代風で和洋折衷なお部屋にイメージチェンジをすることができます。
琉球畳には畳縁がありません。そのため色の違う琉球畳を交互に並べて部屋をおしゃれな空間を作ることができるなど、従来の和室に敷く畳とは少し違った使い方ができることも琉球畳の特徴、そしてメリットです。
いままで和室の中で生活をされてきた方は通常の畳はもう見飽きたというかたもいらっしゃるかもしれません。そんな方には気分を変えるために琉球畳に畳替えしてみるのもおすすめです。

琉球畳のデメリット

良い点もたくさんある琉球畳ですが、デメリットもいくつかあります。まず琉球畳には畳縁が無いため、強度が弱く、使用の頻度によっては傷むのが早くなってしまうことがあります。寿命はどのくらい使うかによって異なりますが、平均で5年から10年で交換、張替えが必要と言われています。またコストの面で琉球畳の方が高くついてしまうということが多いそうです。
しかし、デザイン性の高さなどメリットもあります。畳替えを考え中でしたら、琉球畳に交換、張替えを検討してみるのもよいかもしれません。

張り替え業者おすすめナビ一押し

おすすめ張り替え110番

張り替え110番

サイト名 張り替え110番
URL http://sweethomefloripa.com/
TEL 0120-949-501
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

張り替えのあれこれ

ページの先頭へ