張り替えのあれこれ

  • TOP
  • 普段の手入れでカビ予防?畳のカビ対策について

普段の手入れでカビ予防?畳のカビ対策について

畳のカビはなぜできる?

畳には室内の湿度を調整する役割があるといわれています。畳にはい草やわらが使われており、これらが空気を出し入れして湿気を吸収・放出するためです。特に新品になればなるほどその性質が強くなるのですが、湿度が高い状態が続くと畳にも湿気が多くなるため、カビが発生するようになるのです。
特にカビの発生しやすい条件としてあげられるのが20~28度の温度、65パーセント以上の湿度といわれています。その条件を満たしやすい梅雨などには注意する必要があるでしょう。

湿度を抑えてカビ対策

カビを防ぐためには畳の湿気をコントロールすることが大切になります。
まずは部屋の換気をしっかりすることが必要でしょう。部屋を換気することで室内の空気を交換し、湿度を下げることで畳の湿気も放出されるようになります。家具は風通しを悪くする要因になるため、壁との間に隙間を設けるなど配慮することも考えなければなりません。
除湿機やエアコンを使って湿度を下げるのも有効でしょう。特に扇風機を使って空気を循環させることで部屋全体を効率よく湿度の低い環境にすることができます。カビが成長しやすいのは湿度65パーセント以上、一方人が快適に感じる湿度は50パーセント前後といわれているため、快適に過ごせる環境を整えることでカビを防ぐことにつながります。
畳のカビは床下からの湿気も関わってくるため、畳の下に防湿シートなどを敷くことも大切でしょう。お手軽にしたいのであれば新聞紙を敷くだけでも効果があるといわれています。
逆に洗濯物の部屋干しをすると、部屋の湿度が上がってしまいます。畳の部屋では避けた方がよいでしょう。

畳のカビ取り

畳のカビ取りは早めの除去が大切になります。掃除機はカビを舞い上がらせてしまうため避けた方がよいとされていますが、畳の目に沿ってかける、持ち上げてかけるなどの方法を使うことで効果があるとされています。
また酢やエタノールを薄めて使うことでも除去や防止に効果があります。使った後は乾拭きをして仕上げることが大切です。それでも取れない場合、カビ取り剤や重曹と酸素系漂白剤の組み合わせを試すことになりますが、畳の変色につながるため「どうしても取れない場合の畳のカビ取り」に限られるでしょう。
なお水拭きは畳に湿気を与えるため逆効果です。またカビを乾拭きだけで取ろうとするとカビが畳の中に入り込んでしまうことになります。畳はデリケートな素材です。しっかりとしたお手入れが大切になってくるでしょう。

張り替え業者おすすめナビ一押し

おすすめ張り替え110番

張り替え110番

サイト名 張り替え110番
URL http://sweethomefloripa.com/
TEL 0120-949-501
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

張り替えのあれこれ

ページの先頭へ